投稿

シガツェでの高所順応「7大陸アジア編5」2019年

朝晩の太陽がない時間は寒い。ホテルは写真映えのする色使いとデコレーションだけど、備え付けの棚などはぐらついたりして気をつけないといけない。エレベーターやレストランはタバコ臭くて昔の日本を思い出しながらこの国の今を感じていた。朝食は洋風と中華料理がありお粥に野菜料理が数種類も、パンとコーヒーだけとならずそれは嬉しい。

今日の高所順応もお寺観光。タルシンポ寺の巡礼路から回り歩き始めて街を一望。

通りには犬や猫、山羊にひつじと様々な動物が居着いている。食べ物が与えられているからか人には慣れていた。ただ子連れの母親にはかなり睨まれて、いつでも飛びかかるわよって勢いで見下ろされていた。

お寺の中に入ると大勢の僧侶が掃除をしていたり、大量のお賽銭を数えていたりしている。そしてある若い僧侶がお賽銭を袖の下に入れた??今はお賽銭の全てを政府が管理して僧侶さん方は給料制になったとか?!みんなスマホも持っていて、これはどこへ行っても変わらない光景。

本日の最高到達標高は3900m、ゆっくり歩いて順応後のお昼はお寺近くの人気店(地元民に)へ案内された。重い絨毯ののれんドアをくぐると中は広い食堂になっていてたくさんの長テーブルに人が食事をしている。厨房からも活気があふれ配膳者が忙しなく動きまわっていることからも人気店である事が伺える。しかし、よく見渡すと食べこぼしがテーブルから椅子や床にまで散乱していてとてもとても座る気が起こらず逃げるようにして店を出ることになった。その後屋台でクサンが何かを食べてから片付けされている店を見つけ少し気持ちが落ち着き色々と注文した。がしかし、今度は違う問題が・・・・・。

昨夜宣言した直箸禁止令がすぐに破られた、だから鍋は諦めて私は水餃子だけにした。

その時の怒った横顔

そのあと部屋に戻って友人からもらったクッキーなどを食べて夕方まで凌ぎながら窓から外に向かって怒りをぶつけていた。ホテルのダイニングは値段がとても高いから夕食も外へ出かけ観光客向けの店に入った。お昼ご飯の一件があった後だからヤキモキした気持ちでいたけれど、この店は観光客向けで一人ずつプレートで出してくれたからようやく安心して食べることができた。

少し左耳前が痛い、軽い三叉神経痛みたい。きっと直箸ショックのストレスだろう。
明日はシガールへ移動する。

 

余談)タルシンポ寺巡礼路の公衆トイレは綺麗だった。水も流れてドアもあった。ただ流れる溝は共通使用だから、一番後ろの場所がいい。境内のトイレは見かけは素敵だけど外にまで臭いがしていた。

 

関連記事一覧

検索

新着記事