投稿

シガツェの街へ「エヴェレスト 〜7大陸アジア編4」2019年

ラサから西へ200キロ、車で6時間。チベット第二の都市シガツェへやって来た。
休憩で最初に立ち寄ったところはヤルツアンポー河沿いでラサ・シガツェ鉄道の鉄橋が見えた。
1日に一本の運行だから列車は見れなかった。かなり人気がありいい席から埋まるのだそうだ。

お昼ご飯に入った店は綺麗ではないけれど、料理は注文をうけてからしっかりと作ってくれた。
この頃から大皿をみんなで突っつくスタイルになり、直箸で取り合うことがちょっと気になり取り箸を使おうよ!と声を上げた。原因不明でお腹を下している人が何人か居て、もしそこから自分の体調を崩したら誰よりも悪化することが予測できたから・・・。

街へ入るまでに検問が二箇所あり最終的な街での許可申請にはとても時間がかかった。
許可証なくうろつく事はできないから、待つ間は車と建物を行ったり来たりしていた。
担当者は新システムの使い方がわからなくて入力手続きに時間がかかっただけではなく、クサンのチベット語と担当者の中国語もお互いに理解ができなかったという。
無事に許可証を頂き、ホテルへチェックイン。

夕食はレストランへ出かけた。
メニューが全く読めない・・・・。

そして、激辛料理が多い。辛い料理は嫌いではないが、やはりお腹を守りたい。

今日からの教訓、食事は直箸禁止です。お願いしま~す。

関連記事一覧

検索

新着記事