山頂へ「7大陸アフリカ編7」

現地ガイドリーダーのISSAとアシスタントのアンドリューは私たちに出発前に色々な注意点を説明をしてくれたしかし当人達は手袋もなくスニーカーを履いてザックは背負っていない。荷物は?と聞くとポケットに飲み物とスナックが入っていると言う。さすが!...

ナイロビの町からタンザニアへ「7大陸アフリカ編6」

ナンユキの町のヤギ料理レストランで祝杯をあげたら、バティアンチームは解散した。 私はジェームスと隊長と3人はナイロビで一泊して久々のシャワーに喜ぶ。 翌朝は国境を越えてタンザニアへ入った。 モシの町へ移動し明日...

バティアン「7大陸アフリカ編5」

今日はレスト日。タッションサポートグッズもうまく使えるようになりピーボトルが得意になってきた。完璧だと思っていたのに深夜に事件が起こった。ボトルにピーが入って行かない!あれ?出ているのにどこへ?おかしいと思っていたら太ももの辺りが生緩くなっ...

レナナピーク「7大陸アフリカ編4」

予想よりも寒い毎日、朝方は0度になっている。-5°対応のシュラフでは寒く、隊長が持っている予備のシュラフを借り二枚重ねにしたらちょうど良い。空気は乾燥していて太陽もカラッとしてるから体のべたつきは気にならない。とはいえ一週間お風呂に入ってい...

順応登山「7大陸アフリカ編3」

個人テントに寝泊りして、食事は小屋で食べる。山を案内する人、料理を作る人、身の回りの世話をしてくれる人と色々な役割がある。食事の前には石鹸を持ってきてくれて、手を洗うように言われる。まるで昔の貴族のようである。標高4200に滞在するのは私に...